aboutus

動物、昆虫、植物からの素材を工夫して出来た布などを主に使い制作しています。
自然素材の布が肌に馴染むのは人間も動物の仲間だということ、また、人間は工夫と楽しむことが得意だということを
様々な布から感じます。私たちは丁寧に作ろうとする努力によって愛用頂けることを願い、
生き物の恩恵への感謝と弔いを表したいと思っています。

手紬手織り布からは、穏やかで気が遠くなる長い時間と気配、
最も直接伝わる素材感を感じて頂きたいと思っております。



・貝ボタン、古いガラスのボタン等を使用しています。衝撃で割れる恐れがありますのでご注意ください。
・ニット・カットソーの製品は多少ねじれますが、それが魅力だと判断し形にしています。
・移染、脱色する布があります。単独及び同系色での洗濯をお願いいたします。
・ウール、カシミアなど、より素朴な布として活躍するためのデザイン、仕上げにしています。
・繊維は摩擦によって傷んでいきます。過度の洗濯は避け、時間を掛けて風合の変化をお楽しみください。
・糸の節は布の特徴として、染むらは全体の雰囲気を考えて仕上げています。
・生地の初めの風合いを長く保ちたい場合、型崩れを防ぐ場合は信頼あるクリーニング店にご相談下さい。
・ハンカチなどの縁かがり部分を強く引っ張るとほつれるおそれがあります。 ご注意ください。ネットに入れて洗濯してください。 こちらの製品で、縁かがりのほつれを修理ご希望の方はアトリエにお送りください。 一回り小さくなりますが、かがり直しさせていただきます。

・ウール、獣毛は、虫くいにご注意ください。                                                     


1985 高校1年目 絵画教室へ通い始める
1986 高校2年目 被服専門学校の洋裁教室へ通い始める
1988 高校卒業後 その被服専門学校に正式入学する
1990 専門学校卒業後 注文服縫製見習いを経て、既製服会社のデザインなど被服に関わる仕事に従事
   その間、定期的に既製服に関わる講義を受け、細々と美術と洋裁を師に学ぶ。
1996 自身で小さなセレクトショップを作る
2001 結婚を機にセレクトショップを閉め、それまで学んだことを元に1から形にしていく
2007 このころより夫にすこしずつ手伝ってもらい現在の形になる

 

全ての製品を2人で制作しています。

鈴木丈志  ミシンワーク全般・タオル、ハンカチ制作

鈴木麻美 ハンドワーク全般・デザイン・パターン・衣服裁断・洗い・仕上げ・雑用などその他

 

atelier Une place sur la Terre

mail@atelier-uneplace.com